第6回 パーソナルデータ ~注目を集めるビッグデータ~


みなさんはパーソナルデータという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

パーソナルデータとは、個人単位の位置情報、購買履歴、健康情報などの各種データの総称のことでビッグデータの中でも特に利用価値が高いとされています。

しかし、個人が特定できてしまうリスクの高さから、個人情報をパーソナルデータとして取り扱うことには、様々な弊害があると問題視されていました。

そこで、平成27年に改正され、今年5月に全面施行された改正個人情報保護法により、匿名加工情報の利活用が推進されることとなりました!!

匿名加工情報とは、特定の個人を識別することが出来ないように個人情報を加工して得られる個人に関する情報のことで、ビッグデータとしての活用できるパーソナルデータとして注目を集めています。

例えば、クレジットカード会社が保有している個人消費に関する情報も匿名加工情報を使用することで消費者の購買行動をより細かく集計が可能です。これにより、年収による購買頻度や消費行動の違いなどがより明らかになるのです!

医療分野では、診療報酬の集計管理にレセプトという情報サーバが導入されていますが、集まったレセプト情報や健診情報を匿名化して研究開発などに提供されることも検討されています。

今後、ビッグデータの活用が進む中で、利便性の向上や技術革新が生まれる可能性がありますが、より正確な環境予測や医療福祉の分野など、世界全体に広く良い効果が見込まれるようなイノベーションが起きてくることを期待したいですね♪

ビジネスマン
ビッグデータの活用に期待が高まります。

C級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!

当検定のホームページリニューアルと同時にC級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!