第35回 デジタル治療って?

デジタル治療って?
デジタル治療って?

みなさん、こんにちは!

デジタル治療ってご存知でしょうか?

AI技術が目覚ましく発展する中で、最近、脚光を浴びているようです。デジタル治療とはソフトウェアを活用した治療のことで、従来の治療に追加したり、置き換えたりすることが可能です。副作用が起きにくく、開発コストも従来の薬と比較して低いなど、メリットが大きいようですね。

デジタル治療の製品には、スマートフォンなどを活用したアプリやインターネット機器、医療指導者や臨床医によるバーチャルな行動の指導などがあり、言葉や映像などを駆使して開発されます。

生活習慣や行動を変えることが治療に効果的である慢性疾患の管理、メンタルヘルス、睡眠管理などがデジタル治療の主なカテゴリーであるといわれています。

腰痛エクササイズを提供するアプリ、ニコチン依存症治療用アプリ、過敏性腸症候群(IBS)の自己管理を支援するプログラム、薬の飲み忘れや自己判断による中止を防ぐセンサー内蔵のうつ病治療薬など、患者さんの状況に対応したさまざまなテクノロジーやサービスが次々と誕生しています。最先端の治療といえるでしょう。

ストレスの多い現代社会の中で、今後の予防医療の推進にも貢献しそうですね。

C級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!

当検定のホームページリニューアルと同時にC級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!