C級の出題例

この記事は全部で6ページです。

マーケティング・ビジネス実務検定®

マーケティング知識科目(1)

問題 ≪形式:正誤(○×)式≫

次の各文章について正しいものには○印、誤っているものには×印を解答欄にマークしなさい。

  • 解答は解答・解説ボタンをクリックして確認出来ます。
第1問

マーケット・インとは、市場や顧客の求める便益を探り、そのニーズを満たす製品を開発するという顧客志向の考え方である。
(「マーケティング・コンセプト」から出題)

解答・解説
解答:○
マーケティングの基本理念は、顧客のニーズやウォンツを出発点として、マーケティング技術を統合し、顧客満足を通じて適正な利潤を得るという考え方である。
第2問

ブランド・ロイヤルティの商標固執では、顧客は希望する特定の商標以外は購入せず、その店になければ他の店を探すという強い態度を示す。
(「製品戦略」から出題)

解答・解説
解答:○
ブランド・ロイヤルティは、消費者が特定のブランドを愛顧する度合いのことである。この商標に対する忠実性は、「商標拒否→商標不認知→商標認知→商標選択→商標固執」というように強くなっていく。
第3問

サプライチェーン・マネジメントは、複数の企業の枠を超え、経営資源や情報を共有し、チェーン構成員の個々の最適化を目指して、効率的に商品を流していくものである。
(「流通チャネル戦略」から出題)

解答・解説
解答:×
サプライチェーン・マネジメントは、原材料・部品を供給する供給業者から、製造会社、卸売業者、小売業者、物流業者などの顧客に至るまでの全体を情報ネットワークで結びつけるものである。生産や在庫、購買、販売、物流などすべての情報をリアルタイムで交換することで、全体の効率を大幅に向上させる経営手法である。部分最適よりも全体最適を目指している。

この記事は全部で6ページです。