マーケティング・ビジネス実務検定®とは?

マーケティング・ビジネス実務検定®の特徴

国際実務マーケティング協会®(International Marketing Skill Standardizing Association)が主催する「マーケティング・ビジネス 実務検定®(The Proficiency Test in Marketing Skill)」試験は、 2005年1月に創設されました。

その創設趣旨と「マーケティング・ビジネス実務検定®」試験の特長は次の通りです。

特定の業種・業界にとらわれない共通のマーケティング知識の習得

人材の流動化の時代には、流通業だけのマーケティングや、サービス業だけのマーケティングという限られた範囲の知識ではなく、特定の業種・業界にとらわれない幅広い共通のマーケティング知識が求められています。

仕事で役立つ実務知識の習得

「マーケティング・ビジネス実務検定®」の学習を通じて、マーケティング理論だけではなく、仕事ですぐに役立つトータルなマーケティング実務知識や時事情報・実務時例が習得できます。

就職・転職対策としての学習と資格取得

市場を取り巻く環境が激しく変化する中で、これまで「マーケティング」の実務能力を客観的に証明し、実力を評価する方法はありませんでした。この「マーケティング・ビジネス実務検定®」は、マーケティング実務の知識を総合的に判定するための初めての検定試験です。また、最も採用の間口の広い営業職や販売職にも対応した資格です。

この検定試験は誰でも受験することができます。現在実際に企業などでマーケティング企画や営業・販売の仕事をされている方、また、学生の方や独立を目指している方などにとって、「マーケティング」に関する一定の知識やスキルが身につく資格の取得は必要不可欠です。この検定試験は、以下のような方、また他どなたでも受験することができます。

大学等の授業科目としても導入・学生の検定試験としても最適

この「マーケティング・ビジネス実務検定®」試験は、マーケティングの学習希望者が多い、大学生・短期大学生・専門学校生にもしっかりと対応しています。 また、「マーケティング・ビジネス実務検定®」試験のオフィシャルテキストは、大学等のマーケティング科目の基本テキストとしても使用可能です。

検定試験内容の体系化

「マーケティング・ビジネス実務検定®」は、マーケティング知識を体系的に学習しやすいように、それぞれのレベルに応じたステップを設け、ステップごとに何が重要な事柄かを理解できるように構成されています。

検定試験は、実際の業務で発生する場面を細かく想定し、それをA級・B級・C級の3つのレベルに体系的に分類しました。

オペレーションレベルのC級・B級、マネジメントレベル、戦略レベルのA級と、対象者の仕事の内容に対応して、ステップアップした内容です。

したがって、C級レベルから1つずつステップを上がっていくことにより実際の業務で役立つ知識が確実に身に付いていく仕組みになっています。

年4回の検定試験実地、対策講座の開講

年4回検定試験の実施、またそれに対応して事前に対策講座を開講します。講座では、マーケティングにつき効率的に学習できるオフィシャルテキストと問題集を使用します。

受験者の業種別・年齢別割合

業種別受験者割合(2016年度)

業種別受験者割合(2016年度)

年代別受験者割合(2016年度)

年代別受験者割合(2016年度)

C級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!

当検定のホームページリニューアルと同時にC級のオフィシャルテキストが改訂2版になりました!